+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
米国への引越し準備
まだ100%じゃありませんが、99%の確率でアメリカに引っ越すことになります。目下、引越しの準備中なのですが、本日、米国政府よりビザが許可されたとの連絡がありました!
あとは、日本の米国大使館での面接を残すのみ!でも、たまにこの面接で落とされることもあるらしいので、気を引き締めながら臨みたいと思います。

実は、先週まで米国出張に行っていて、部屋を決めてきました。敷地内のコミュニティが充実しているところがいいと考えていて、プール、ジム、サウナ、テニスコートが付いている所に決めました。場所は、大枠サンフランシスコです。厳密には、サンマテオという街でサンフランシスコシティから車で30分、サンフランシスコ空港から車で10分程度の所です。コミュニティのすぐ隣に公園もあって、バーベキューなんかもできます。
そこで、毎朝ジョギングして、ジムで筋トレして、車で5分のオフィスで仕事して、週末はテニスとバーベキュー、そんな生活ラブ

この半年ほど、この米国移住のための選択や手続きでかなりドキドキしていました。いくつもの不安な日々と壁を乗り越えて、結果的には当初予定していたものよりも最高の状況で、そして誰もがハッピーな形で進んでいます。本当にいろんな方が応援してくれて、そのおかげで今の状況が生まれました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。予定通りに全てが進むと、3/20頃にアメリカに引っ越す予定です。

最後のワンステップ、大使館の面接を無事乗り越えて、晴れて米国移住できるように引き続き、がんばりま〜す!
| その他 | 19:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ららぽーと豊洲は楽しいよ♪
土曜日に、ららぽーと豊洲に行ってきました。目的は、ららぽーと豊洲内にあるユナイテッド・シネマで「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を見るため。映画を公開初日に見るなんて、本当に久しぶりだ(テリー・ギリアムの映画は、結構初日に見に行っているけど。。)

で、そのららぽーと豊洲が、土曜日なのに、そして冬物バーゲン中なのに、そして海が見えて立地もいいのに、そしてレストランも充実しているのに、そんなに混んでいなくて大変、楽しかったぴかぴか結構、ファミリー連れが多くて、施設内には犬を連れて行けるスペースやレストランも多くて、ドッグランのスペースなんかもあった。僕は、犬はあまり好きじゃないけど、ららぽーと豊洲の雰囲気は大変、気に入ってしまった。豊洲の駅周辺は、建設中の建物やマンションが多くて、あと数年のうちには巨大な観光スポットになると思うけど、今ならまだ混んでいなくて楽しい。

そして、ユナイテッドシネマに始めて入ったんだけど、この映画館は素晴らしいね拍手この日までは、僕はシネコンが大嫌いだった。特に、ワーナーマイカルシネマズは最悪だと思ってた。大体、マイカルは客をバカにしている。特にフードメニューの少なさ、そして映画が始まる前に強制的に見せられる毎回同じでつまらないアニメでの諸注意事項(煙草は館内で吸うな、とか携帯の電源は切ろう、とかそういう内容のやつ)。これらは、完全にバカにされた気分になってしまう。
でも、ユナイッテッドシネマは、席もむちゃくちゃゆったりしたスペースがあり、肘掛も十分なスペース、そしてシートには腰あたりにクッションが配置されていて、ゆったりと映画を見られる配慮が最高だ。つまらない注意事項のアニメもない。フードメニューもマイカルに比べれば、充実している。
そして、ららぽーと豊洲自体が空いているため、ユナイテッドシネマ自体も空いている!

スウィーニー・トッド
肝心の「スウィーニー・トッド」だけど、ハッピーエンドじゃないし、色彩も暗いし、多少のグロさもある。だって、殺人鬼の話だから。色合い的には、僕の大好きな映画「パフューム」に少し似ている。あっ、それとミュージカル仕立ての映画です。
僕の評価は、「まあまあ」ってとこかな。あまり深さはない映画だけど、全編グレーのフィルターを通して質感を重くさせたようなロンドンの街の映像とか、スウィーニー・トッドの狂気ぶりとか、印象に残る映像は多い。でも、なぜスウィーニー・トッドが知事を殺すために大量殺人を始めたのか、なぜスウィーニー・トッドは娘に対してそこまで固執していないのか、娘の父親(スウィーニー・トッド)への愛はどれくらいなのか、といった点をもうちょっと詳しく描いてほしかった気もする。まあ、あまり人間ドラマにフォーカスするのではなく、スウィーニー・トッドの狂気の世界をティム・バートンらしく映像化する、というのが主題の映画、ということなんでしょう。
| その他 | 00:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
12/15 クリスマスチャリティ@東京ディズニーランド
去る12/15(土)、チームジェームスが主催するクリスマスチャリティイベントに参加してきました。このチャリティは、参加する大人たちが、両親と別々に暮らしている養護施設の子供たちをディズニーランドに連れて行く、というものです。去年も参加したかったのですが参加できなかったので、今年は念願の初参加になります。
8時にディズニーランドに集合して、子供たちと初対面。僕のチームは、大人サンタが4人、子供が2人(3歳のR君と5歳のT君)、そして施設の先生が1人でした。
施設では、子供6人に対して親代わりの先生が1人なのだそうです。なので、今日みたいに大人を独占できる日はめったにないので、十分甘えさせてあげてください、と先生に言われました。そのせいか、子供たちはあまり人見知りもせず、すぐに溶け込んでくれました。肩車や抱っこをしてあげると、すご〜く嬉しそうな最高の笑顔をくれます。T君は、ちょっとわがままでやんちゃ坊主な男の子、R君はちょっと控えめな甘えんぼの男の子でした。二人とも男の子なので、ディズニーのキャラクターよりは、乗り物の方が興味があるみたいでした。そういえば、僕は子供の頃からディズニーには全く興味がなく、むしろ戦隊ヒーローものにしか興味なかったものなぁ。
結局、有名なアトラクションは「It's a small world」くらいで、後はコーヒーカップとか飛行機のアトラクションのような、どこにでもあるようなアトラクションに乗りました(笑)。もちろん、パレードも見ました。パレードでは3歳のR君が大興奮して叫んでいたのが印象的でした。
17時まで目いっぱい遊んで、それから子供たちとはお別れして、大人、子供それぞれに別れて市民会館までバスで移動しました。18時からジェームスの講演会があるからです。

下記はその講演会でのジェームスの話の要約です。
(記憶を頼りに書いているので、正確ではないかも)
■今の状況がどうであれ、未来は変えることができる!
・ジェームスは時給120円から時給100万円に変わった
■未来を変えるのに大事なことは
(1)やり続けること
(2)嫌がらないこと
(3)変わることを大好きになること
・ジェームスは8歳の時、野球が一番下手だったが、16歳では一番上手くなっていた。なぜなら、同級生は全員野球を辞めていたから。
■出来ないのではなく、「やり方が分からない」だけ。上手い人にやり方を聞こう。
■目標を設定すること。
・マーク・ビクター・ハンセンは6000個の目標を設定している

特に僕が感銘を受けたのは、目標設定の所で、「6000個も目標があるとどれから始めればいいのか分からないのでは?」という質問に対して、「目標が少ない方がどれから始めればいいのか分からない。目標が多ければ、その分、きっかけが起こりやすくて、それがトリガーとなって後はその目標にフォーカスできる」といった回答がジェームスからあったことで。10億冊の本を売る、という目標をジェームスが持っていたから、マーク・ビクター・ハンセンと飛行機で隣り合わせたとき、その目標が彼の目標とフィットして、その後、フォーカスしている、とのこと。
つまり、目標を設定して自分でがんばってチャンスを待つ、という形ではなく、目標を深く、そしてたくさん設定して後はトリガーを待つ、という感じでしょうか。

最初、講演会なんかは不要で、ギリギリまで子供たちをディズニーランドで遊ばしてあげるほうが彼らのためじゃないか?と思っていました。
でも、実際、ジェームスの講演会では、子供たちも熱心にジェームスの話を聴いていたし、何より、「魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えたい」というジェームスの思いが伝わってきて、この講演会は子供たちへの本当のプレゼントだな、と思うようになりました。
ジェームス、本当に素晴らしいです拍手そして、子供たち、最高の笑顔をありがとう揺れるハートそして、先生方、いつもご苦労様です嬉しいまた来年会いましょうチョキ
| その他 | 14:17 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
初体験・合氣道!
最近、藤平光一先生という合氣道の方が書いた本を読み、深く感銘を受けました。

合氣道を通じて、学んだことをまとめた本になっています。
・心身統一
・人ではなく、天地を相手に生きる
・プラスの言葉を使って、潜在意識にプラスを埋め込む
というようなことが書かれている訳ですが、読むうちに、合氣道の精神性に強く惹かれました。で、すぐ決断、ということで藤平光一先生が創始者となっている心身統一合氣道会に体験入学をしてきました。

生まれて初めての柔道場、礼儀作法も何も知らないので不安でしたが、先生も生徒さんも優しい方ばかりで優しく教えていただきました。
まず、ストレッチから始まります。
そして、「ワンネスリズム体操」という体操が始まります。音楽をかけて体操をするのですが、体操一つにしても奥が深いことを教えていただきました。そして、リズムが大切、とのこと。意識を変えるだけで、身体の動きが変わることを体感しました!
次に、二人一組になって、一人が後ろから前の人の両手を持ちます。前の人は、その手を払おうと両手を上に挙げようとするのですが、なかなか持ち上がりません。ところが、持たれている手を意識せずに、相手の手がないと思って両手を頭の上置こうとすると、手が持ち上がります!このとき、初動はゆっくり、決めを早く意識することが大切、とのこと。その後、腕を決める動作までを練習して、終了。

合氣道は、何が凄いって、「日常生活で合氣道をどう生かすか」にフォーカスされている点です。藤平光一先生は、「日常生活で合氣道の技を使うことなんてないんだから、どうこれを日常生活でどう生かすかを考えなさい」と仰ってるそうです。そして、V(Visiual:視点)とK(Kinesthetic:身体の使い方)によって、結果が違うということを体感できる素晴らしい武道だと感じました。多くの外国人が合氣道に興味を持つのが納得できました。そして、多くの日本人に合氣道の奥深さを知ってもらいたくなりました。



| その他 | 12:14 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
アニメーション『マインド・ゲーム』
マインド・ゲーム
久しぶりに素晴らしいアニメーション映画を見た。『マインド・ゲーム』です。ちなみに、2004年の映画です。
http://www.mindgame.jp/

一回、見たけど良く分からなくて、もう一回見直すと、その圧倒的な映像の斬新さ、音楽と映像の見事なマッチング、主人公から放たれるポジティブなメッセージ、そして何より主演の今田耕司の声での演技拍手拍手拍手最高です♪

舞台は大阪で、吉本の芸人がたくさん声で出演している。今田耕司の他にグッさん(山口智充)、藤井隆、アホの坂田、二丁拳銃、島木譲二など。全員、自由に演技していて、本当に素晴らしい。

堅く書くと、この映画のメッセージはこんな感じ。
・今いる場所で、素晴らしい部分にフォーカスしよう。そしたら、何もかもが輝いて見えるよ。
・今いる場所で、マイナスな部分にフォーカスしたら、全てが最悪に感じるよ。
・絶対やる!と決めたら、出来ないことは何もない。全ては自分のマインドセットで決まるよ。
・絶対、後悔しない生き方をしよう。同じ人生は二度とないんだから。

サイケデリックな映像と、ポアダムスの音楽と、怒涛のストーリー展開と、今田耕司演じる主人公・西のキャラクターが作り出す世界が、こんな堅いメッセージをStudio 4℃が見事に映画化しています。やっぱり凄いわ、Studio 4℃。今すぐTsutayaに行こう嬉しい
僕は、ロビン西のコミック原作を読んでみます!
| その他 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |