+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンタロン宣言・進捗状況〜パンタロンが履けたよ♪ | main | マクロビオティック 道玄坂はーびあんず >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
1.4新日本プロレス 東京ドーム「レッスルキングダム」を観て
一時は今年は開催しない、とも言われていた新日本の1.4東京ドーム大会ですが、全日本との共同開催ということで期待に胸膨らませて、会場に行ってきました。ドームの客入り状況ですが、アリーナは満席、1階席、2階席でチラホラ空席がありましたが、全体的には9割以上の入りだったんじゃないかと思います。

【DANGEROUS RAPTURE 〜 川田利明vs中邑真輔】
この試合はおもしろかったですねぇ。まだまだ中邑は青くて、ひたすら三角締めと腕ひしぎを狙っていて、姑息な印象。なんのために筋力つけてパワーファイターになったのか意味不明ですね。中邑は、もっと根本的にプロレススタイルを見つめなおした方がいい。川田は、やっぱりすごい!川田のプロレスを馬場直伝の王道プロレスというけど、あれはもう川田プロレス、川田イズムなんじゃないかな。
川田のおかげで、魂を揺さぶる好試合。試合はもちろん川田の勝利。

【ダブルメインイベント〜三冠ヘビー級選手権〜 鈴木みのるvs永田裕志】
この試合は、僕は数秒で永田が失神して終わるんじゃないかと予想していたんですが、永田も根性見せて、まあまあ好試合でした。でも結局、最後はみのるの裸締めで永田がレフェリーストップ負け。試合後、鈴木はフラフラで一人で歩けなかったのに、永田は一人で歩いて花道を帰った。ここが鈴木と永田の違いだと思った。永田は負けていながら、一人で歩けるほど体力が残っていて、鈴木は勝ちながら一人では歩けなかった。つまり、永田が甘い!ってことですね。でも永田の今日のキックは、重かったなぁ。

【ダブルメインイベント〜IWGPヘビー級選手権試合〜 棚橋弘至vs太陽ケア】
この試合は、期待してました。すごくかみ合う試合なんじゃないかと。でも、太陽ケアが意外に踏ん張りがなかった。調子悪かったのかな?本当は、もっと踏ん張れる選手なはずなのに。。。結果は、棚橋の勝利。馬場イズムを見出せるほど、太陽ケアは実力を出し切れなかった、という印象です。太陽ケアは、まだメーンを張るほどの経験も浅いし、東京ドームのアウェイというハンデもあったし、仕方のないことでしょう。でもこの二人、両団体を代表するライバルになっていくことは間違いないでしょう。武藤、蝶野のように。

【スーパードリームタッグマッチ “This is レッスルキングダム” 武藤敬司&蝶野正洋vs天山広吉&小島聡】
IWGP戦ではなく、このノンタイトルのタッグマッチをこのイベントのメインに持ってきたことに多少、違和感がありました。でも、蝶野、武藤の登場シーンで、新日本の選択は正解だったな、と思いました。やっぱり蝶野、武藤はスゲェー!オーラが違うし、華やかさが違う。武藤のエルボー一つ取ってみても、ドームの端っこから観ていても、美しいからね。また、プロレスならではのタッグ戦の醍醐味を堪能させてもらいました。蝶野、武藤の技の組み立てにはストーリーがあるし、美しい。一方、テンコジ、悲しい位に存在感がなかった。そして、もはや若手ではないテンコジが「時代を変える、世代交代」と叫んでも誰も共感しないよね。それよりは、ベテランの蝶野・武藤が輝きを取り戻す姿の方が100倍興奮するよね。それに加え、闘魂三銃士のカタルシスも入った日には、感動しちゃうよね。
最後は、蝶野・武藤が橋本の白いハチマキをつけて退場。蝶野・武藤のバックのスクリーンには橋本の映像が流れていて、そのシーンだけ考えるとベタだけど、あの戦いの後では素直に受け入れられる演出でした。

僕的には、今回のMVP、戦いでは川田、演出では武藤でした。
やっぱりプロレスは面白い!
| 格闘技 | 10:50 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:50 | - | - | pookmark |
どもはじめまして。

中邑は、自分の持ち味の関節技を、どんな相手にでも通用させるために筋力をつけて来ました。レスナー戦、サップ戦のこともありますし。これは本人が言っています。決して根本から見つめなおす必要はないですよ。
この試合はDVDで何度も見ましたが、中途半端だった原因は、中邑を支持する側がある一方、管理人さんのような、中邑のスタイルを否定する側とが完全に拮抗している現状で、なまじ耳に入ったせいで迷いを生んでしまったことが事の本質です。
ファイトスタイルもいづれに振り子が行くにせよ、自分を信じきることです。中邑からは、スランプの中でもそういう強さが凄く伝わってくるから、ヘタに手を出していく必要はないかなと思います。
| | 2008/03/02 10:12 PM |
中邑×カート・アングル戦の中邑は良かったですね!試合自体も噛み合っていたし、サブミッション重視⇔パワーレスリングの間を揺れていた中邑のファイトスタイルが、振り子の中間点でやっと終着できたように感じました。

中邑が自分を信じきった結果を見事に見せましたね。

今、もう一度、レスナーとやって、どういう戦いが出来るか見てみたいですね。
| Cotty | 2008/03/06 7:08 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2009/08/23 2:28 AM |









http://kotolog.jugem.cc/trackback/72