+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10/27 LOVE PSYCHEDELICO 「Mind across the universe 2004」ツアー@ZEPP TOKYO初日に行ってきました | main | 奥多摩湖の紅葉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新日本プロレス11/3 蝶野正洋20周年興行『CHRONO STREAM』感想を。。。
約半年振りに新日本プロレスを見てきました(半年前はこれ)。今回の目玉は
・全日本の川田が新日に出る!
・健介VS棚橋のIWGP戦!
・長州が2年6ヶ月ぶりに新日に出る!しかも蝶野とタッグ!
・蝶野の20周年興行!
どれもこれも目玉です。
試合結果は、スポーツナビに任せるとして、感想です。
◆第8試合:川田利明○ VS ●柴田勝頼(7分6秒 片エビ固め)
柴田がいつものようにケンカをしかけて、そして川田の技(顔面ケンカキック、ストレッチプラムなど)を柴田が繰り出したので、川田ブチ切れ。柴田の顔面にグーパンチ繰り出したら、呆気なくダウンで3カウント。柴田、弱すぎやで、キミ。ホント、君は常に気持ちだけ。打たれ弱すぎ。オレはもっと本気の川田のプロレスが見たかった。柴田、君のファイトには”間”がないので、つまらん。
◆第9試合(ダブルメーンイベント):佐々木健介○ VS ●棚橋弘至(25分35秒 体固め)
これは、いい試合だった。まず棚橋の髪の毛だが、立たせてる方が好き(どうでもええか?)。健介も前回のIWGPを藤田から不本意な形で奪っただけにがんばらんとな、という気持ちが伝わってきた。後半は、どっちが勝ってもおかしくないかと思った。だけど、二人の差は、大きいよね。そのちょっとの差が、実は雲泥の差。今年のG機∩芦鵑IWGPトーナメント含めて、棚橋のドラゴン成長の時期は過ぎた感がある。そう、ある一定まではスクスク伸びるけど、その一定以上伸びるのが大変なのよね。これはなんでも一緒。天山が、その差を克服するのに何年もかかったようにね。棚橋、ここからが勝負やぞ。諦めずに頑張れ!
◆第10試合(ダブルメーンイベント):永田裕志&天山 広吉● VS 長州力&○蝶野正洋(12分42秒 体固め)
蝶野の20周年記念試合なのに、蝶野全く目立たず!完全に長州の影に隠れて、かわいそうに。それだけ長州が凄かった。そして、永田、弱すぎ。永田は長州の力ラリアット一発で即失神。。。お前、それはアカンぞ〜〜〜。長州、50歳過ぎてるねんで。そして、天山も力ラリアットであえなく3カウント!そら、アカンで。でもこの二人、永田、天山が新日本本隊って。。。

そんなこんなで、やっぱりプロレスはおもしろい!
| 格闘技 | 01:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:56 | - | - | pookmark |
いやぁ、この日の中継見るまでは決しておまえと連絡とらんとこと思てたけど、ホンマ良かったわ。今年一番おもろかったぐらいちゃう?長年、蝶野ファンやってる俺は仕事休んででも見に行くべきやったな。その俺から言わせて貰うなら、この試合にこそ蝶野のホンマの良さが出てんねんで。蝶野は「俺が俺が」キャラをやっとるけど、それは表面的なことで、元来、あの脇に控える余裕にその渋さが凝縮されとる。STF、羽根折り、裏DDT、ダイビングショルダー、ヤクザキック、この地味な技群を見よ、俺はこの日の蝶野には惚れ直したね。しかし長州強い。いつも以上にオーラが出てた。永田はやっぱりアカンな。あれはスポーツマン。武将の蝶野や長州には勝てんよ、存在でな。それはそうと、このまえ書いてもうたメルアド予想通り無くした。携帯に送ってくれ。
| ケンドーコバヤシ | 2004/11/07 5:06 AM |
でもな、客入ってなかったで〜。6割から7割くらいの入り。これだけ話題性のある大会なのに。。。たまには、見に行こうぜ。
大阪ドームも熱くなりそうやな。。。
| koto | 2004/11/07 1:06 PM |









http://kotolog.jugem.cc/trackback/33