+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カーメルのビーチで夕焼け | main | クリスマス・イルミネーション in San Carlos♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
矢沢永吉・クリスマス限定ライブ
2008年はコンサートツアーを行わない、と宣言した永ちゃんが、オンラインでファンクラブ会員限定のクリスマスコンサートを12月24日だけ公開!
元々、Diamond Moonという永ちゃんのファンが行く唯一の永ちゃん公認ショップ(グッズ販売、バー、永ちゃん使用アイテムの展示、ライブステージも併設)が赤坂にあるんだけど、それのオンライン版としてVirtual Diamond Moonが今年からファンクラブ会員に公開されています。
http://www.diamondmoon.jp/
で、リアルのDiamond Moonでこの配信のためだけに、本当に行われた永ちゃんのライブの模様を、Virtual Diamond Moonで12月24日に24時間限定でストリーミング配信する、という画期的な企画♪
【以下、ネタバレばっかりです】

矢沢永吉 Virtual Diamond Moon

永ちゃん、白いベンツで会場の駐車場に登場。車を降りるなり、
永ちゃん:「どう、みんなノッてる?」
スタッフ:「みんな、楽しみにしてます」

会場内で演奏が始まり、永ちゃんが白いシャツにジーンズ姿で登場。

1. But No
ミディアムテンポのBut Noでスタート。演奏終了後、「続けて行こうゼ、Rockn' Roll!」ちょっと間が空いて、「気分、、、、、、いい!」

2. 銀のネックレス
曲が終わって、ちょっと打ち合わせと異なる事が演奏中にあったようで、
「でもさ、ライブってやつはおもしろいね。みなさんもバンド作って、ライブやってみてください。気持ちの活性になると思います。」
「今年は、ライブをちょっと止めて、周りを見てみたいと思った。横の方から、自分を見てみたかった。何をやってるかと言えば、酒ばっかり飲んでるね。でもね、改めて、俺は音楽やれて幸せだな、と思った。いい感じです。すごく嬉しいし。」

3. 回転扉
ピアノ一本とコーラス(女性2、男性1)と永ちゃんのボーカルの掛け合わせが、めちゃんこ渋い。

4. アップタイト
イントロはバイオリン4本で始まる感じの渋い感じ。曲全体を通して、バイオリンがキーとなっていて、そこにToshiのギターが食い込んでいくような、かなり格好良いアレンジ。

5. You
Youのイントロが始まり、「オーケー、レッツゴー、カモン!これ、俺が30歳くらいの頃の曲じゃない?」Toshiのギターもかなり抑え気味。ギターとドラムとベースのシンプルな楽曲へとアレンジされている。でも、俺は、Youはやかましい感じのアレンジが好きだなあ。

6. Without You
「オーケー、懐かしいナンバー紹介します!」しかし、永ちゃん、Without You好きですよねえ。この曲でのToshiのギターソロ、めちゃいい。
曲が終わって、「今度さ、定期的にここでやろう?ここ(Diamond Moon)、音いいんだよね!」
アニー(ヨーロッパを永ちゃんと永ちゃんの仲間がツーリングするTV番組企画「Runaway Free」で事故ってしまった人だと思われる)もゲストに来てるみたいで、ステージから客席に向かって話しかけてました。

7. Tonight I Remember(Last Christmas Eveの英語バージョン)
バイオリン、ストリングスによる永ちゃんのクリスマス定番曲。歌詞は英語バージョン。
曲が終わって、イギリス・ウェンブリースタジアムでのプレスリー追悼コンサートでの永ちゃんへの不義理な扱い(ロッドスチュワートは8時間のリハに対して、永ちゃんはたった40分のリハ時間しか与えられなかった件)について言及し、「日本のロックと言っても、世界から見たら、まだ入り口にも達していないレベルなんだと思った。プロデューサーに、この扱いを全てカットせずに放送しろ、と言った。このかっこ悪い現実をさらけ出すことで、そのうちにかっこよくなるんだよ。俺、かっこいいね、今日(笑)」
そして、バンドメンバー全員でステージ上でシャンパンを乾杯。

8. 長い黒髪(アンコール)
アンコールで、長い黒髪!これは意外な選曲ですね〜〜〜。今年の夏、僕もバルセロナに行ってきたので、ちょっとしたシンクロなのかもね♪
「また、たまにはやろうね!サンキュー!」


基本的に、永ちゃん、よく喋ってます(笑)。全部のコメントは書ききれないので、適当に抽出してます。


回線が混んでいるからなのか、所々、映像と音声が途切れたり、また映像は基本的にコマ送りのような感じで、連続性がなかった(日本時間の深夜3:00〜4:00頃のアクセス)。なので、決して有料サービスのレベルではなかったけど、これもVirtual Diamon Moonの実験的試みだと思うので、よしとしましょう。
でも、ストリーミング映像で、DVDのようにカメラアングルを切り替えれる仕掛けは、画期的だと思いました。
何より、久しぶりに最新の永ちゃんを見れて、ファンにとってはたまらないクリスマスプレゼントでした!

【バンドメンバー】
Sax: おおた
Guitar: Toshi
Drum: 西田つるや
Base: グレッグ・リー
Keyboard: 松本けいじ
Chorus: ひやま、ノリコ・ルイス、マロン
| 矢沢永吉 | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:45 | - | - | pookmark |









http://kotolog.jugem.cc/trackback/131