+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12/16 矢沢永吉日本武道館100回目! | main | ららぽーと豊洲は楽しいよ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「子どもが語る施設の暮らし」を読んで


先日、あるチャリティイベントで施設の子どもたちとディズニーランドへ行きました。そこで、養護施設、つまり両親がいなかったり、様々な理由によって両親と一緒に生活できない子どもたちを身近に接することで、施設とはどういうところなのか?ということに関心を持ちました。もっと現状を知って、もっと僕に何かできることはないだろうか、ということを探求するための第一歩として、この本を読んでみました。
感想を書くより、本書より子どもたちの声を抜粋した方が伝わると思うので、備忘録として転記しておきます。

(下記、「子どもが語る施設の暮らし」より抜粋)
■社会の、一般の人はほとんどが施設のことを知らないですけど、別に施設に入っているからと言って、それはただ「親がいない環境で育った」ということだけで、本質的には他の人と何も変わらないですよ。・・・だから、かわいそうとか表面的なことを言ってほしくない。
・・・抱えた悩みを解決したり、希望を持つには、何よりも自分の気持ちをちゃんと聞いてくれる人、そして時間と、表面的ではない言葉が必要なんです。

■両親との、ルーズだった暮らしに比べると、いまは、本当にまともな生活を送れるようになったし、自分のことも落ち着いて考えられるようになったと思います。そういった意味で施設にきて良かった。

■施設は、多くの人が思っているような、暗くて寂しくてイヤなところじゃない。自由な時間もあるし、いろんな子がいて楽しいこともいっぱいあるんですよ。この本を読んでくれる人たちが、施設のいいところももっともっと、知ってくれるといいと思います。

■たしかに職員だって大変だと思うけど、大人が変わらないと子どもは変わらないと思う。そうれは施設のなかだけの話じゃない。ちゃんと子どもの話を聞いてくれれば、子どもは悪いことなんかしないよ。

■長い間、学校に行っても施設に戻っても、友だちに囲まれている生活をしていたから、いま、会社での寮暮らしがすごく寂しい。

■大人はすぐに「答え」を出したがります。子どもが言ったことに対してとにかく何か言わなくてはと思うのか、ありきたりの言葉や意味のわからない言い訳じみた言葉で返してきます。子どもはそんなことを求めているわけじゃないんです。・・・気持ちを受け止めてほしかったとにかく、そう感じたということをわかってほしいんです。


変な特別扱いするのではなく、他の子どもたちと接する時と同じように、子どもたちの気持ちを受け止めてあげること、ということだと思います。施設側は施設側で、「高校生交流会」という他の施設の同年代の子どもたち同士を交流させるという新しい取り組みを行っていたり(これは非常に子どもたちに好評なようです)、子ども会議という制度を取り入れている施設もあるようです。
ただ、やはり進学率の低さは子どもたちの将来を限定してしまっているように思います。先日の講演会で子どもたちに向かってジェームスが、「まずは大学に行きなさい。大学はあらゆる将来のパスポートになります」と言っていたが、本当にそうだと思う。大学を中退したにも関わらず大成功を収めたジェームスが言うのだから、逆に意味が深い。
大人として、経済的援助も大切だが、例えば施設に家庭教師に行ってあげるとか、そういう貢献も考えられると思いました。
| | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:17 | - | - | pookmark |









http://kotolog.jugem.cc/trackback/102