+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
矢沢永吉ニューアルバム「Twist」

アルバムはロックの日、2010年6月9日に発売されてたんだけど、最近、やっと入手できてじっくり聞く事ができたので、遅ればせながらレビューを。

昨年、4年ぶりのニューアルバム「Rock'n' Roll」を出して、間髪入れずに今回の「Twist」を発売。テーマは、「大人っぽくしなくない、かっこよくしたくない」って感じらしい。それは、ここ数年の永ちゃんのテーマで、今回のアルバムは一言で言うと、「Pop」なアルバム。全体的に、似たような曲調で、似たようなアレンジの曲が多かった。右側からアコースティックじゃかじゃか系の音、左側から程良いオーバードライブのリードギター、ベースは抑え気味、ドラムも抑え気味で、常にハイハットを開いてる感じ。分かりやすく言うと、全曲、フォークギター一本で演奏しても、成り立つような曲とアレンジでした。意図は十分に分かりました。
当たり前ですが、僕は永ちゃんのコアファンで、やっぱり永ちゃん独特のメロディーラインのバラードであったり、大人っぽい玄人受けするアレンジの曲が好きなので、今回のアルバムで衝撃は受けませんでした。そして、驚きはそのアルバムの短さ。11曲入りで35分!いまどきのアルバムでは、異例の短さでしょ?1曲2分後半から3分前半の曲ばかり。これも、シンプルさを追求した結果なのでしょう。

でも、そんなニューアルバムから何曲かピックアップし、感想を。

01. サイコーなRock You!
シングルカット曲。永ちゃん得意のキーB(正確にはBm)で始まるRockテイスト曲。Aメロとサビのみ、という超シンプル楽曲。「♩オマエだけに 遭いに来た」ってとこのラインが永ちゃん節ですね。見事。あと、ボーカルがパワフルでいい感じ。

04. 闇を抜けて
なかなかノリが良い曲。何となく、「風の中のおまえ」(アルバム「LOTTA GOOD TIME」に収録)を彷彿とさせます。
もっと装飾を大げさにしてアレンジを凝ることも出来たであろう、この曲ですが、敢えてシンプルな構成になっています。ですが、このアルバムの中で唯一ラッパが入っています。

05. 古いカレンダー
メロディーもアレンジも歌詞も、まさに昭和歌謡曲!これもAメロとサビのシンプル構成。ただし、最後にBメロが出てくるだけど、そこも実はAメロと同じコード進行って所がおもしろい。永ちゃんがよく使うテクニックですがシブい。

07. ずっとあの時のまま・・・
これは、「マブ」と併せて、注目の曲です。というのも、この曲の歌詞は永ちゃんと子鹿涼の共作となってるからです。永ちゃんファン以外は知らない人が多いと思うけど、永ちゃんはほとんど歌詞を書きません。永ちゃんは、メロディを書くのはいくらでも湧いて出てくるけど、歌詞を書くのが昔から苦手で、「餅は餅屋だから」と言って、必ずプロの作詞家に頼んできました。キャロルの頃は、ジョニー大倉が歌詞担当だったし。そして、今まで永ちゃんが歌詞を書いた曲もあるにはあるけど数曲だけで、それもかなり昔の話。という訳で、一番、この曲に興味があった訳。
で、どんな歌詞かと言うと、「昔と変わらず、あの時の気持ちのまま、俺は変わらず走り続けてるよ!」って曲。こういう曲は、永ちゃんファンには、たまらん訳です。「永ちゃん、俺もがんばって走ってるよ!」って思ったファンは多いはず。
ちなみに、似たような内容の歌で、「ひとりぼっちのハイウェイ」という曲が前回のアルバムRock'n'Rollに収録されています。

09. 見つめ合うだけで
これは、サビの「♩I need you〜」という所と、Aメロが同じコード進行という所がおもしろい曲。このやり方は、古くは「逃亡者」から続く一種の永ちゃんのお約束パターンです。一カ所だけBメロがあるけど、基本的には同じコード進行で延々と進む。でも、サビとAメロが同じコード進行とは普通の人は気づかないんじゃないかな?コード進行は一緒だけど、メロディラインがサビとAメロで随分違うのが面白い曲。

10. HEY YOU…
これは、正統な永ちゃんバラードですね。ライブで聞くと、ヤバそう。僕は、この曲がこのアルバムの中で一番好き。
こういう曲をもっと入れて欲しかったなあ。

11. 「マブ」
アルバム最後の曲で、歌詞は「ずっとあの時のまま・・・」と同じく永ちゃんと子鹿涼の共作。歌詞の内容は、二十歳の頃のマブダチに久しぶりに電話をして、少し話しただけで二十歳の頃に戻れて、やっぱりお前と俺はマブダチだね、っていう内容。曲調も、そこそこアップテンポで、アルバム最後の曲はバラードで、という長年のパターンを期待していた僕としては、ちょっと拍子抜け。
そして、こういう歌詞の内容で、タイトルが「マブ」、しかもカギカッコあり、ってのは、正直、あまりいいセンスとは思わないです。曲調も、どこか昭和歌謡フォーク系の印象を受けてしまうのは、僕だけでしょうか。でも、こういうのを含めて矢沢永吉なんです。何でもありなんです。


ちなみに、前回のアルバム「Rock'n' Roll」は衝撃的でしたよ。GLAYのTAKUROが2009年に発売されたアルバムの中でナンバー1は、永ちゃんの「Rock'n'Roll」だった、って言う位だから、間違いないでしょう!

「コバルトの空」はRock調で名曲だと思うし、「Sweet Rock'n'Roll」は70年代のメロディラインとサウンドを彷彿とさせる名曲だったし、「Loser」のアレンジは秀逸だったし、「未来をかさねて」はこれぞ最近の永ちゃんという曲だったし、「小悪魔ハニービー」もRock調バリバリの矢沢印で最高だったし。
それと比べると、ちょっと物足りない感じがした、というのが正直な感想。

でも、何年か経つと、自分の中で熟成してきて、曲の良さを後年になって再発見できるのが永ちゃんの曲のすごい所。なので、数年後、「Twist」への評価が自分の中で大きく変わることはよくあることなので、それを期待して。
| 矢沢永吉 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12/17 矢沢永吉in日本武道館

12/19に従姉妹の結婚式に参加するために日本に帰国していました。
そして、その時期は毎年恒例の矢沢永吉の日本武道館公演の時期!アメリカに引越してからは、さすがに永ちゃんのファンクラブは退会してしまったため、ファンクラブ優待チケットは取れなかったけど、なんとかe+で2階席をゲット!そして、この日を待ちわびていた。
それにしても、この時期に結婚式をしてくれた僕の従姉妹に感謝、感謝! 今年、永ちゃんは、4年ぶりのニューアルバム「Rock'n'Roll」をリリース。

このアルバムはアメリカのジャパンタウンでも入手できなかったので、出張で日本から来る会社の先輩に頼み込んで、買ってきてもらい、めちゃんこ聞き込んでいた。
はっきり言って、このアルバム、めちゃんこ良かった。1曲目から7曲目くらいまでは数珠の矢沢メロディーの傑作集。特に「Sweet Rock'n'Roll」という曲は、永ちゃん初期のメロディーラインを彷彿とさせる名曲。また、シングルカットとなった「Loser」なんかのアレンジもシンプルで非常に気に入ってる。「小悪魔ハニービー 」なんかも、文句なしのノリノリストレートロック。60歳にして、原点に立ち返った永ちゃんの生きざまそのもの。そして、自主レーベルを立ち上げ、過去のアルバムの版権をメジャーレーベルから買い戻し、まさに60にして新しい出発、再デビューにふさわしいアルバムだった。
そして、インタビューでも、「今年のツアーは、昔はよくやっていたスタイルで、ニューアルバムを全曲盛り込んだ形としたい」と言っていたものだから、そら、念入りに予習するわな。
で、ライブ当日。京都からこのライブのためだけに駆けつけた高校の同級生と合流して、2年ぶりの武道館に乗り込む。
日本武道館
曲の構成は、まさにインタビューで語っていた通り、ニューアルバム全曲を盛り込んだ野心的な内容。また、かなり昔の曲を演奏することで、古いファンの要望にも答えていた。
例えば、「通りすがりの恋」なんて、僕自身、ライブで初めて聞いたので、とてつもなく感動した。後は、古い曲としては、「安物の時計」、「ワンナイトショー」(このアレンジ、ヤバイかった!めちゃ渋!)、「TAKE IT TIME」、「ディスコティック」、「Flesh and Blood」、「逃亡者」あたり。「安物の時計」は、僕が本当の意味で永ちゃんに目覚めた曲だったので、かなり嬉しかった。今年は、タオル投げの曲2曲のうち、1曲(トラベリング・バス)は封印、「止まらないHa〜Ha」だけだったけど、60にしてニューアルバムを引っさげて、それ中心でライブをやっちゃう永ちゃんの姿勢に感心。
こうやって年末に永ちゃんの武道館を見ることで、今年も無事に年を越せる、という気分ですな。
帰りに同級生と、永ちゃんファンクラブの店「Diamond Moon」で一杯飲んで、帰りました。
Diamond Moon
後日、またDiamond Moonを訪れて、今年、9月に行われた東京ドーム公演のDVDを買ったので、アメリカでじっくり見たいと思います。
| 矢沢永吉 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矢沢永吉・クリスマス限定ライブ
2008年はコンサートツアーを行わない、と宣言した永ちゃんが、オンラインでファンクラブ会員限定のクリスマスコンサートを12月24日だけ公開!
元々、Diamond Moonという永ちゃんのファンが行く唯一の永ちゃん公認ショップ(グッズ販売、バー、永ちゃん使用アイテムの展示、ライブステージも併設)が赤坂にあるんだけど、それのオンライン版としてVirtual Diamond Moonが今年からファンクラブ会員に公開されています。
http://www.diamondmoon.jp/
で、リアルのDiamond Moonでこの配信のためだけに、本当に行われた永ちゃんのライブの模様を、Virtual Diamond Moonで12月24日に24時間限定でストリーミング配信する、という画期的な企画♪
【以下、ネタバレばっかりです】

矢沢永吉 Virtual Diamond Moon

永ちゃん、白いベンツで会場の駐車場に登場。車を降りるなり、
永ちゃん:「どう、みんなノッてる?」
スタッフ:「みんな、楽しみにしてます」

会場内で演奏が始まり、永ちゃんが白いシャツにジーンズ姿で登場。

1. But No
ミディアムテンポのBut Noでスタート。演奏終了後、「続けて行こうゼ、Rockn' Roll!」ちょっと間が空いて、「気分、、、、、、いい!」

2. 銀のネックレス
曲が終わって、ちょっと打ち合わせと異なる事が演奏中にあったようで、
「でもさ、ライブってやつはおもしろいね。みなさんもバンド作って、ライブやってみてください。気持ちの活性になると思います。」
「今年は、ライブをちょっと止めて、周りを見てみたいと思った。横の方から、自分を見てみたかった。何をやってるかと言えば、酒ばっかり飲んでるね。でもね、改めて、俺は音楽やれて幸せだな、と思った。いい感じです。すごく嬉しいし。」

3. 回転扉
ピアノ一本とコーラス(女性2、男性1)と永ちゃんのボーカルの掛け合わせが、めちゃんこ渋い。

4. アップタイト
イントロはバイオリン4本で始まる感じの渋い感じ。曲全体を通して、バイオリンがキーとなっていて、そこにToshiのギターが食い込んでいくような、かなり格好良いアレンジ。

5. You
Youのイントロが始まり、「オーケー、レッツゴー、カモン!これ、俺が30歳くらいの頃の曲じゃない?」Toshiのギターもかなり抑え気味。ギターとドラムとベースのシンプルな楽曲へとアレンジされている。でも、俺は、Youはやかましい感じのアレンジが好きだなあ。

6. Without You
「オーケー、懐かしいナンバー紹介します!」しかし、永ちゃん、Without You好きですよねえ。この曲でのToshiのギターソロ、めちゃいい。
曲が終わって、「今度さ、定期的にここでやろう?ここ(Diamond Moon)、音いいんだよね!」
アニー(ヨーロッパを永ちゃんと永ちゃんの仲間がツーリングするTV番組企画「Runaway Free」で事故ってしまった人だと思われる)もゲストに来てるみたいで、ステージから客席に向かって話しかけてました。

7. Tonight I Remember(Last Christmas Eveの英語バージョン)
バイオリン、ストリングスによる永ちゃんのクリスマス定番曲。歌詞は英語バージョン。
曲が終わって、イギリス・ウェンブリースタジアムでのプレスリー追悼コンサートでの永ちゃんへの不義理な扱い(ロッドスチュワートは8時間のリハに対して、永ちゃんはたった40分のリハ時間しか与えられなかった件)について言及し、「日本のロックと言っても、世界から見たら、まだ入り口にも達していないレベルなんだと思った。プロデューサーに、この扱いを全てカットせずに放送しろ、と言った。このかっこ悪い現実をさらけ出すことで、そのうちにかっこよくなるんだよ。俺、かっこいいね、今日(笑)」
そして、バンドメンバー全員でステージ上でシャンパンを乾杯。

8. 長い黒髪(アンコール)
アンコールで、長い黒髪!これは意外な選曲ですね〜〜〜。今年の夏、僕もバルセロナに行ってきたので、ちょっとしたシンクロなのかもね♪
「また、たまにはやろうね!サンキュー!」


基本的に、永ちゃん、よく喋ってます(笑)。全部のコメントは書ききれないので、適当に抽出してます。


回線が混んでいるからなのか、所々、映像と音声が途切れたり、また映像は基本的にコマ送りのような感じで、連続性がなかった(日本時間の深夜3:00〜4:00頃のアクセス)。なので、決して有料サービスのレベルではなかったけど、これもVirtual Diamon Moonの実験的試みだと思うので、よしとしましょう。
でも、ストリーミング映像で、DVDのようにカメラアングルを切り替えれる仕掛けは、画期的だと思いました。
何より、久しぶりに最新の永ちゃんを見れて、ファンにとってはたまらないクリスマスプレゼントでした!

【バンドメンバー】
Sax: おおた
Guitar: Toshi
Drum: 西田つるや
Base: グレッグ・リー
Keyboard: 松本けいじ
Chorus: ひやま、ノリコ・ルイス、マロン
| 矢沢永吉 | 04:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12/16 矢沢永吉日本武道館100回目!
矢沢永吉・武道館100回目
12/16(日)、永ちゃんの日本武道館100回目の記念ライブに行ってきました!席は2階席のむちゃくちゃ上の方で、最悪だったのですが、「そんなの関係ねえ!」。とにかく、この記念日に永ちゃんに会いたかった!
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071217-296355.html
18:00過ぎに「カモンベイビー」でスタート。武道館1回目と同じ衣装で登場!
「セクシーキャット」「奴はデヴィル」「キャロル」「夏のフォトグラフ」「サブウェイ特急」「恋の列車はリバプール発」「バーボン人生」「世話が焼けるぜ」「苦い涙」といった武道館1回目と同じ曲目も多数、披露されました。「切り札を探せ」「夏の終わり」などの懐かしい曲もたくさん!
ジョン・マクフィーがギタリストとして参加するというサプライズもあって、僕は大変興奮しましたねぇ。やっぱり永ちゃんはツインギターをバックに歌う方がいいですね。トシとジョンのギターソロの掛け合いなんかも、シビレました!
ただ、全部武道館1回目と同じ、という訳ではなくて、今回のツアー「The Real」の流れも半分弱、ありました。
特に「居場所」という歌では、僕は号泣してしまった(ま、毎回永ちゃんのライブでは俺は泣くんだけどね)。。。CDだと、あまり歌詞の意味を考えないんだけど、ライブだとむちゃくちゃ歌詞がグッとくるんですよね。「あっ、そういう意味だったのか!」と気づかされることが永ちゃんのライブの場合は多い。

「I Love You, OK」の弾き語りでは、2番の歌詞を間違えてたけど、それもご愛嬌。
とにかく、「ありがとう」という言葉が永ちゃんから連発されまくりのライブでした。もはやロックでも「Thank you」じゃなくて、「ありがとう」なんですよ。
2時間はあっという間に過ぎ、「Be Somebody」で締めくくり。20:00過ぎからアンコールで、「サブウェイ特急」「止まらない Ha〜Ha」で、永ちゃんが去っていく。。。もっとやってよ〜、というファンの悲痛な思いが届いたのか、HaHa終了後、自ら登場し、「もう一曲行きます」と言って、「トラベリン・バス」でアンコールのラストを飾った。

100回目の武道館、ということで1回目の武道館と全く同じセットリストかと思えば、今回のツアーの流れもくんでいて、そこが永ちゃんらしいと思った。
だって、100回目と言っても、明後日には101回目、明々後日には102回目が行われて、100回目はあくまで通過点にしか過ぎない、ってこと。
コンサート終了後は、白いマイクスタンドがポツリと次回のライブに備えて待っている。。。
矢沢永吉・武道館100回目

【武道館100回目セットリスト】
01.カモン・ベイビー
02.セクシー・キャット
03.奴はデビル
04.世話がやけるぜ
05.DIAMOND MOON
06.Anytime Woman
07.寂しくてたまらない
08.Oh!ラヴシック
09.キャロル
10.夏のフォトグラフ
11.苦い涙
12.切り札を探せ
13.Let's Make Love Tonight
14.風の中のおまえ
15.MARIA
16.居場所
17.バーボン人生
18.Oh Yeah
19.アリよさらば
20.I LOVE YOU, OK(弾き語り)
21.夏の終り
22.Wonderful Life
23.恋の列車はリバプール発
24.Be somebody

〜アンコール〜
25.サブウェイ特急
26.止まらないHa〜Ha
27.トラベリン・バス


ちなみに、、、
【武道館1回目セットリスト】
01.カモン・ベイビー
02.セクシー・キャット
03.世話がやけるぜ
04.奴はデビル
05.最後の約束
06.キャロル
07.夏のフォトグラフ
08.苦い涙
09.恋の列車はリバプール発
10.サブウェイ特急
11.ライフ・イズ・ヴェイン
12.トラベリン・バス
13.雨のハイウェイ
14.涙のデディ・ボーイ
15.燃えるサンセット
16.バーボン人生
17.安物の時計
18.真夜中のロックンロール
19.ウィスキーコーク
20.古いラヴ・レター
21.I Love You, OK
22.通りすがりの恋
23.黒く塗りつぶせ
24.A DAY
25.ファンキー・モンキー・ベイビー
26.ルイジアンナ

今回は席が悪かったので、録画したWOWOWを早く見直したいZ!
| 矢沢永吉 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10/15矢沢永吉2007ConcertTour「The Real」@神奈川県民ホール
なんと、なんと、ファンクラブ優先でGetした永ちゃんの県民ホール、前から4列目!すごくない???永ちゃんの皺まで見えたよ楽しいツアー3日目、そして県民ホール2日目の永ちゃん、めちゃくちゃ楽しみ♪
ギリギリでなんとか開演に間に合って、席に着くとすぐに演奏開始。今年は、ギター2本でした。やっぱり、ギター2本じゃないとオレは燃えない。。。久しぶりにギターソロの掛け合いも見れて、やっぱり最高。そして、今年は、中期〜後期の曲しかやってなかった。「恋の列車はリバプール発」「トラベリンバス」位かな、昔の曲は。
今回、感じたことは、「やっぱり永ちゃん、ギターバリバリでRockしてよ!」ってこと。近年、永ちゃんは「Rockはシンプルでなきゃ」ってことで、ギター一本、ラッパも一本、っていうシンプル構成でやってきてた。でも、今年はギターの音にこだわりたい、ってことでギター2本のソリッドな感じでした。あと、Your Song4-6中心の曲構成だったけど、ここまで最近の曲にこだわったライブは、今までなかったなぁ。新しいファンを意識してのことなのでしょう。こういう年もあって、いいと思う。そういう意味では、今年も新しい事にチャレンジしてる永ちゃん、すごく素敵拍手いくつになっても、チャレンジはし続けたいものです。

下記は、ネタバレ、セットリストなので、楽しみにしてる方は、読まないようにして。


1.寂しくてたまらない
2.Let's Make Love Tonight
3.風の中のおまえ
4.Big Beat
(なぜか、オレ、涙する)
〜MC〜
『今年はギター中心のサウンドにこだわってます』
※1曲目から4曲目まで、キーボード、コーラス、SAXなしのドラム、ギター2本、ベースのシンプル構成
5.曲名不明(「♪守ってあげたいだけ、お前見つめ」っていうヤツ)
6.Anytime Woman
7.Oh!ラブシック
(永ちゃん、サビ間違えてました)
8.ドライマティーニ
〜MC〜
『ファンから永ちゃん、ニューアルバムなぜ作らないの?と質問をよく受けます。どうしても、Your Song 4,5,6を作りたかったのよ。今まで300曲以上作ってきて、半分位は気に入ってる。で、今回のYour Song 4,5,6で約80曲をカバーできたので、やっと満足してる』
9.黄昏に捨てて
10.ハートエイクシティ
11.切り札を探せ
12.Maria
13.居場所
14.Sweet Winter
15.Oh Yeah
〜MC〜
『オレ、このOh Yeahって曲、ずっと好きじゃなかったけど、今好きになった。【星の数よりキミのシワが増えたなら、その数だけもっとキスしよう】なんて、いい歌詞だね。男はみんな、そうしようよ!矢沢はキザじゃなくて、ドラマティックなのが好きなのよ。昔、本で読んだんだけど、女には花をプレゼントするのがいいって書いていた。で、オレはすぐに真似して、女に花をプレゼントしたわけ。そしたら、本に書いてある通りに女は喜ぶわけ!で、そんな感じでずっとそういうことはしてるわけです。男はそうしようよ!』
16.アリよさらば
17.夏の終わり
(永ちゃん、アコースティックギターを弾く)
18.恋の列車はリバプール発
19.Wonderful Life
※ギター2本でソロの掛け合い
20.Be Somebody
21.???
〜アンコール〜
22.止まらない Ha〜Ha
23.トラベリンバス

次は、12/16、記念すべき永ちゃんの武道館100回目のライブに参戦します!!!Wowowでも生中継するみたいです。オレは、今日買った永ちゃんのオシャレ〜なTシャツ、着ていこうっとラブ
| 矢沢永吉 | 00:21 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |