+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
CMパンクとジェフ・ハーディのライフスタイル闘争
 アメリカに来てから、あまりにもWWEにのめり込んでいる。
毎週かかさずWWEだけは見ている。特に金曜日のSmack Downにはもう本当に夢中。プロレスを馬鹿にしてる人には分からないと思うけど、プロレスラーは生きざまそのもので、本当にカッコいい。特にWWEのプロレスラーは強いだけじゃなくて、マイクパフォーマンスやスキット、ファッション性、キャラクターを含めた総合的なエンターテイメント技術が要求される。で、確かにストーリーが仕組まれている場合もあるんだけど、プロレスラー本人達が勝手に作り上げて行く世界観もあって、それは見ていれば分かる。そして、僕が好きなのは、後者でしかもガチンコのやつ。

あまりにも好きなので、ちょっと選りすぐりのストーリーを紹介したい。

これは、2009年8月から9月頃に放送されたCMパンクとジェフ・ハーディのライフスタイル闘争だ。

CM Punk
CMパンクは体は小柄なのだが、「酒はやらない、タバコもやらない、ドラッグもやらない、俺が中毒なのはレスリングだけだ、こういう生き方をストレートエッジと言って、俺はWWE歴史の中で初めてのストレートエッジのチャンピオンで、しかも2回のチャンピオン経験者なのだ!」と主張し、そして、いざという時に勝負に強い男だ。試合前、必ず観客からの大ブーイングの中、こう講釈を垂れる。「お前らが俺のことを嫌いなのは分かっている。なぜなら、お前らは弱いからだ。お前らは、タバコがどれだけガンを誘発するか分かっていながら、それでも自分の弱さに負けてタバコを吸い続け、肺をガンに犯されているのだ。お前らは酒を飲んで、気を紛らわせているだけの人生を送っているだけだ。お前らはただただ快楽を求めてドラッグをやってるだけの弱い人間なのだ。今すぐ、そういうことをきっぱり辞めて、ストレートエッジの世界に踏み込むのだ。そうすれば、俺のように強い男になれる。そして、お前らが俺のように強くならない限り、この国は滅びて行くだけなのだ!」
言ってることは極めて正しい。しかし、ファンはいつも大ブーイングを浴びせる。プロレスラーの価値は、どれだけ観客の感情を揺さぶるかで評価できる。それが、プラスの方向であろうとも、マイナスの方向であろうとも。CMパンクは、観客の感情を激しくマイナスに揺さぶる。そういう意味で一流のプロレラーだ。
得意技は、Go To Sleepという技で、相手を担ぎ上げて、上から相手を落とし込んで、重力の力で自分の膝蹴りを相手の顔面に喰らわせるえげつない決め技だ。

Jeff Hardy
一方のジェフ・ハーディ。素行不良のちょっと中年に近いレスラーだが、圧倒的な人気を誇る。現在、チャンピオンだ。捨て身のハイリスク、ハイリターンの技が持ち味で、要するに高い所から相手に体ごと飛び込んで行く。WWEではTLC(Table Ladder Chair、つまり机と折りたたみ式階段とパイプ椅子を使って相手を攻撃してもいい特別ルールでの試合)があって、その試合で名を上げた選手。
とにかく、風情があって、仕草ひとつひとつが寡黙なんだけどカッコいい。基本的に、めちゃ男前。これは言葉にできない風格的なもので、見れば分かる。体中が入れ墨だらけでバイクやドラッグやロックが似合う。実際、ロックバンドをやっているらしい。
ファンは当然、ジェフを応援する。
でも、言ってることはCMパンクが正しい。
何回も何回も戦い、ボロボロになりながら、そして、最後にはCMパンクがジェフから王座を奪う。
そして、王座を奪うや否や、次の試合でお互いのWWEからの引退を掛けて戦うことをジェフに要求する。普通の王者は王座を取得したら、こんなリスキーなことはやらない。えも、CMパンクは違った。お互いのライフスタイルを掛けて、戦うことを提案した。
CMパンク曰く「もし俺が負ければ、俺は間違っていたことを認める。そして、お前らも俺のことをこのWWEのマットで見ることはなくなるだろう(観客から大拍手)。でも、もし俺が勝てば、ストレートエッジの生き方が素晴らしいと認めろ。そして、ジェフはWWEから去り、そして、お前らは今すぐアルコールをやめて、タバコをやめて、ドラッグもやめて、ストレートエッジな生き方にするんだ。」
全くフェアな話だ。

試合当日、以前からの試合からのダメージで、お互いに体がボロボロだった。それでも、CMパンクは「俺は前回の試合が終わってから今まで、この体中の痛みと戦っている。それも、一切のドラッグや鎮痛剤なしでだ。ここにいる観客の中で、この痛みと向き合える人間が何人いるというんだ?一人もいないはずだ。ジェフは、どうだ?前回の試合が終わってから、鎮痛剤を何回使った?今日だって、使っているんだろう?こんな弱い奴にストレートエッジが負ける訳がない!」と講釈を垂れる。
ジェフは、それに関しては敢えて何も言わない。でも観客はジェフのカリスマ的な魅力に取り憑かれている。
そして、結局、ジェフは試合にあっけなく負け、WWEを去った。そして、CMパンクは王座を維持した。

こんなに切ない生きざまを描いたドラマがプロレスにはある。

どう、こんなプロレスの話はいらんか?
| 格闘技 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4ヶ月振りにアレを。。。
何をって?

アメリカに来て4ヶ月、ずっとプロレスを見てなかった。。。
今まで、何回も検索してWEBで探そうと思っていたけど、忘れていて、ついさっき、思い立って検索したら、無料動画へのリンクサイトがいくつかありました。

で、取り急ぎ1999年12月末の武藤対天龍のIWGPヘビー級王座決定戦の試合を選んで見ました!
見てるうちに、この四ヶ月間、あの忘れていたプロレスの興奮と熱狂と陶酔のるつぼへと導かれ、「やっぱり俺にはプロレスが必要だおてんき」と強く感じた。
分からない人には分からないと思うけど(ほとんどの人かな?)。

もともと、僕は天龍が大好きで、あの粘りのプロレス、相手の良さを最大限に引き出してから仕留めるタフさ、受けの美学、そして新しい技や美しい技ではなく、古典的なプロレス映えのしない地味な技でずっと変わらないプロレススタイルが好きだ。
さて、1900年代の最後のIWGP王者は、天龍だったのか?それとも、頭のヤバい武藤だったのか?





実はアメリカでケーブルテレビに加入していないので、WWEもRAWもスマックダウンも見てなかったのだ。はっきり言って、プロレスに餓えていた。こんなに自分がプロレスを愛していたなんて、4ヶ月も離れて初めて分かったよ。やっぱりプロレスは最高だよ。キミなしじゃ、つまらないよ。(笑)

プロレス動画-鬼-http://onipuro.blogspot.com/

と言う事で、新日本プロレスの有料会員になろうと思います拍手
| 格闘技 | 14:41 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
無我ワールドプロレスリング
最近、友達の誘いで2回、無我ワールドプロレスリングを見に行きました。
無我って知っていますか?元新日本プロレスの西村修選手が立ち上げた団体で、昔土曜の8時からやっていた頃の新日スタイルを追求している団体です。藤波辰爾選手や吉江豊選手も新日を退団して参画しています。

■2007/1/28 @後楽園ホール
この日のメインは、僕の大好きな川田利明選手と西村修選手のシングル対決。
基本的に無我のルールでは、打撃はナシ、というのがルールなのですが、さすが川田選手。蹴るわ、殴るわで西村選手を本気にさせました。結構見所満載の試合で、内容もおもしろかった!ルールが3分1ラウンドの10ラウンド制というドイツスタイルだったため、西村選手も休憩に助けられ、なんとか時間切れ引き分けに持ち込めた、という感じ。
川田、めちゃかっこいい!この無骨な感じ、不器用な感じが大好き。そして、強い。試合後は、川田選手のサイン会の後ろに僕が無許可で入り込み、遠近間のある感じのツーショット(笑)。
川田利明

吉江選手とは、完璧なツーショット写真。この人は、すごくいい人。
吉江豊

■2007/2/23 @船橋日大体育館
まず、船橋日大駅、遠い!!!電車だけで都内から一時間かかる!そして、駅の周辺に何もない!よくこんな場所で興行したなぁ、という感じです。
試合は、地方興行らしく、地味な感じでしたが、試合後、西村選手と写真を撮れたので、嬉しかった。
西村修
出来立ての小さな団体なので、選手との距離も近く、試合が終わってから選手とコミュニケーションが取れるので、楽しいです。
| 格闘技 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1.4新日本プロレス 東京ドーム「レッスルキングダム」を観て
一時は今年は開催しない、とも言われていた新日本の1.4東京ドーム大会ですが、全日本との共同開催ということで期待に胸膨らませて、会場に行ってきました。ドームの客入り状況ですが、アリーナは満席、1階席、2階席でチラホラ空席がありましたが、全体的には9割以上の入りだったんじゃないかと思います。

【DANGEROUS RAPTURE 〜 川田利明vs中邑真輔】
この試合はおもしろかったですねぇ。まだまだ中邑は青くて、ひたすら三角締めと腕ひしぎを狙っていて、姑息な印象。なんのために筋力つけてパワーファイターになったのか意味不明ですね。中邑は、もっと根本的にプロレススタイルを見つめなおした方がいい。川田は、やっぱりすごい!川田のプロレスを馬場直伝の王道プロレスというけど、あれはもう川田プロレス、川田イズムなんじゃないかな。
川田のおかげで、魂を揺さぶる好試合。試合はもちろん川田の勝利。

【ダブルメインイベント〜三冠ヘビー級選手権〜 鈴木みのるvs永田裕志】
この試合は、僕は数秒で永田が失神して終わるんじゃないかと予想していたんですが、永田も根性見せて、まあまあ好試合でした。でも結局、最後はみのるの裸締めで永田がレフェリーストップ負け。試合後、鈴木はフラフラで一人で歩けなかったのに、永田は一人で歩いて花道を帰った。ここが鈴木と永田の違いだと思った。永田は負けていながら、一人で歩けるほど体力が残っていて、鈴木は勝ちながら一人では歩けなかった。つまり、永田が甘い!ってことですね。でも永田の今日のキックは、重かったなぁ。

【ダブルメインイベント〜IWGPヘビー級選手権試合〜 棚橋弘至vs太陽ケア】
この試合は、期待してました。すごくかみ合う試合なんじゃないかと。でも、太陽ケアが意外に踏ん張りがなかった。調子悪かったのかな?本当は、もっと踏ん張れる選手なはずなのに。。。結果は、棚橋の勝利。馬場イズムを見出せるほど、太陽ケアは実力を出し切れなかった、という印象です。太陽ケアは、まだメーンを張るほどの経験も浅いし、東京ドームのアウェイというハンデもあったし、仕方のないことでしょう。でもこの二人、両団体を代表するライバルになっていくことは間違いないでしょう。武藤、蝶野のように。

【スーパードリームタッグマッチ “This is レッスルキングダム” 武藤敬司&蝶野正洋vs天山広吉&小島聡】
IWGP戦ではなく、このノンタイトルのタッグマッチをこのイベントのメインに持ってきたことに多少、違和感がありました。でも、蝶野、武藤の登場シーンで、新日本の選択は正解だったな、と思いました。やっぱり蝶野、武藤はスゲェー!オーラが違うし、華やかさが違う。武藤のエルボー一つ取ってみても、ドームの端っこから観ていても、美しいからね。また、プロレスならではのタッグ戦の醍醐味を堪能させてもらいました。蝶野、武藤の技の組み立てにはストーリーがあるし、美しい。一方、テンコジ、悲しい位に存在感がなかった。そして、もはや若手ではないテンコジが「時代を変える、世代交代」と叫んでも誰も共感しないよね。それよりは、ベテランの蝶野・武藤が輝きを取り戻す姿の方が100倍興奮するよね。それに加え、闘魂三銃士のカタルシスも入った日には、感動しちゃうよね。
最後は、蝶野・武藤が橋本の白いハチマキをつけて退場。蝶野・武藤のバックのスクリーンには橋本の映像が流れていて、そのシーンだけ考えるとベタだけど、あの戦いの後では素直に受け入れられる演出でした。

僕的には、今回のMVP、戦いでは川田、演出では武藤でした。
やっぱりプロレスは面白い!
| 格闘技 | 10:50 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
新日本プロレス11/3 蝶野正洋20周年興行『CHRONO STREAM』感想を。。。
約半年振りに新日本プロレスを見てきました(半年前はこれ)。今回の目玉は
・全日本の川田が新日に出る!
・健介VS棚橋のIWGP戦!
・長州が2年6ヶ月ぶりに新日に出る!しかも蝶野とタッグ!
・蝶野の20周年興行!
どれもこれも目玉です。
試合結果は、スポーツナビに任せるとして、感想です。
◆第8試合:川田利明○ VS ●柴田勝頼(7分6秒 片エビ固め)
柴田がいつものようにケンカをしかけて、そして川田の技(顔面ケンカキック、ストレッチプラムなど)を柴田が繰り出したので、川田ブチ切れ。柴田の顔面にグーパンチ繰り出したら、呆気なくダウンで3カウント。柴田、弱すぎやで、キミ。ホント、君は常に気持ちだけ。打たれ弱すぎ。オレはもっと本気の川田のプロレスが見たかった。柴田、君のファイトには”間”がないので、つまらん。
◆第9試合(ダブルメーンイベント):佐々木健介○ VS ●棚橋弘至(25分35秒 体固め)
これは、いい試合だった。まず棚橋の髪の毛だが、立たせてる方が好き(どうでもええか?)。健介も前回のIWGPを藤田から不本意な形で奪っただけにがんばらんとな、という気持ちが伝わってきた。後半は、どっちが勝ってもおかしくないかと思った。だけど、二人の差は、大きいよね。そのちょっとの差が、実は雲泥の差。今年のG機∩芦鵑IWGPトーナメント含めて、棚橋のドラゴン成長の時期は過ぎた感がある。そう、ある一定まではスクスク伸びるけど、その一定以上伸びるのが大変なのよね。これはなんでも一緒。天山が、その差を克服するのに何年もかかったようにね。棚橋、ここからが勝負やぞ。諦めずに頑張れ!
◆第10試合(ダブルメーンイベント):永田裕志&天山 広吉● VS 長州力&○蝶野正洋(12分42秒 体固め)
蝶野の20周年記念試合なのに、蝶野全く目立たず!完全に長州の影に隠れて、かわいそうに。それだけ長州が凄かった。そして、永田、弱すぎ。永田は長州の力ラリアット一発で即失神。。。お前、それはアカンぞ〜〜〜。長州、50歳過ぎてるねんで。そして、天山も力ラリアットであえなく3カウント!そら、アカンで。でもこの二人、永田、天山が新日本本隊って。。。

そんなこんなで、やっぱりプロレスはおもしろい!
| 格闘技 | 01:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |