+CATEGORIES
+RECOMMEND
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集
成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (JUGEMレビュー »)
矢沢 永吉
【オススメ度】★★★★★
基本的にこの本は、バイブルです。ここから全てが始まります。
+RECOMMEND
THE STAR IN HIBIYA
THE STAR IN HIBIYA (JUGEMレビュー »)

【オススメ度】★★★★★
永ちゃんのDVDの中で一番好きです♪あのギラギラした目付きがサイコーです。
+RECOMMEND
成功の9ステップ
成功の9ステップ (JUGEMレビュー »)
ジェームス・スキナー
【オススメ度】★★★★★
こんなにいろんな要素が凝縮された本は他にないでしょう!これは絶対に読むべし。
+RECOMMEND
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (JUGEMレビュー »)
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛
【オススメ度】★★★★★
理系だった僕が経済や投資に興味を持ったキッカケとなった本です。ジム・ロジャースは凄い!
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
+Google Adsense

<< October 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - | pookmark |
Las Vegas: BellagioとO(2日目)
 翌日は、ホテルをBellagio(ベラージオ)に移動。
Bellagioの部屋は、噴水側に泊まらないと意味がないらしいので、それで予約。そして、大正解!その通りでした。
▼部屋からの眺め(Bellagioの噴水と、その奥にあるのはエッフェル塔)

噴水は、15時から20時までが30分に一回のショー、20時から0時までは15分に一回のショーで、部屋のテレビから噴水ショーの音楽が流れる。
▼夜の噴水ショー

この部屋はべガスに来た感じがした!
▼Bellagioのプールもなかなか


で、夜は待ちに待った"O"(オー)を見に。"O"はBellagioホテル内で公演してるので、便利。

席はMystereの時と同じ104セクションの前から4列目の通路側。ここ、良い席です。
冒頭のシーンとか、すごく好きだった。でも、前日にMystereでぶっ飛ばされた所だったので、感動は残念ながらちょっと薄め。"O"の場合、何が一番凄いかっていったら、舞台装置だと思う。舞台装置が凄すぎて、パフォーマーへの感動が薄かった、って印象。

今回は、リラックスするのが目的のLas Vegas旅行だったので、ホテルとショー、空き時間にカジノ、ショッピングもせず、食事はルームサービスかホテル内のレストラン、って感じのゆとりいっぱいの旅行で、ちょっと大人な気分だった。
あと、シルクドソレイユには非常に感動した。ショー自体への感動というよりは、企業としてすごいなあ、と。AppleとかPixarとかスタジオジブリとかと並列にシルクドソレイユは偉大な企業なんじゃないか、と。
| 旅行 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Las Vegas: LuxorとMystere(1日目)
 アメリカのカリフォルニアに来て3年ちょっと経つんだけど、アメリカ国内ではカリフォルニア州から出たことがなかった。そこで、行こう、行こうと思いながら、なかなか行けなかったラスベガスに行って来た。
ラスベガスには、大学時代に2ヶ月間、バックパッカーとしてアメリカを旅行してる時に行ったことがあって、それはもう15、16年も前のこと。ちょっとその時間の経過が信じられない。。。当時は、貧乏旅行だったのでべガスのダウンタウンのモーテルに泊まって、カジノも出来ず、ショーも見れず、1ミリも楽しくなかったことを記憶している。今回は、そうはなりたくないので、いろいろ調べて、きっちり準備してから行って来た。
まずサンフランシスコからラスベガスまでの移動は、誰もがVergin Airlineをお勧めするので、そうしてみた。確かに内装がクラブっぽくて、べガスに行く雰囲気を高揚させてくれた。
で、初日はLuxorに泊まった。Luxorの安い部屋は、バスタブがないらしいので、辞めた方がいいらしい。そこで、Spa Suiteって部屋を予約。

Luxorはピラミッド型の巨大ホテルなんだけど、いくらSpa Suiteに泊まったとしても、正直言って、全然宜しくなかったのでオススメできません。ルームサービスのメニューもショボショボだし、サービスも全然良くない。東京で言うと、新宿プリンスとか、新宿ワシントンとか、そういうイメージ。チェックアウトの時に部屋のクローゼットに忘れてしまったジャケットも、結局見つからなかったし。
▼Luxorの外観

▼Luxorの部屋からの風景

▼ピラミッドの内部の様子

▼16年前もここで写真を撮った記憶がある


で、初日の目玉はシルクドソレイユのMystere(ミスティオ) 事前にいろいろ調べたら、104セクション、もしくは102セクション(103セクションが中央なんだけど、一般では取れないらしいよ)の前から4、5列目くらいの席が最も見やすいらしいので、そのチケットをオンラインで予約しておいた。そしたら、バッチリ! 翌日にO(オー)も見たんだけど、Mystereの方が断然、おもしろかった!シルクドソレイユに心奪われまくり夜でした。
つづく
| 旅行 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CMパンクとジェフ・ハーディのライフスタイル闘争
 アメリカに来てから、あまりにもWWEにのめり込んでいる。
毎週かかさずWWEだけは見ている。特に金曜日のSmack Downにはもう本当に夢中。プロレスを馬鹿にしてる人には分からないと思うけど、プロレスラーは生きざまそのもので、本当にカッコいい。特にWWEのプロレスラーは強いだけじゃなくて、マイクパフォーマンスやスキット、ファッション性、キャラクターを含めた総合的なエンターテイメント技術が要求される。で、確かにストーリーが仕組まれている場合もあるんだけど、プロレスラー本人達が勝手に作り上げて行く世界観もあって、それは見ていれば分かる。そして、僕が好きなのは、後者でしかもガチンコのやつ。

あまりにも好きなので、ちょっと選りすぐりのストーリーを紹介したい。

これは、2009年8月から9月頃に放送されたCMパンクとジェフ・ハーディのライフスタイル闘争だ。

CM Punk
CMパンクは体は小柄なのだが、「酒はやらない、タバコもやらない、ドラッグもやらない、俺が中毒なのはレスリングだけだ、こういう生き方をストレートエッジと言って、俺はWWE歴史の中で初めてのストレートエッジのチャンピオンで、しかも2回のチャンピオン経験者なのだ!」と主張し、そして、いざという時に勝負に強い男だ。試合前、必ず観客からの大ブーイングの中、こう講釈を垂れる。「お前らが俺のことを嫌いなのは分かっている。なぜなら、お前らは弱いからだ。お前らは、タバコがどれだけガンを誘発するか分かっていながら、それでも自分の弱さに負けてタバコを吸い続け、肺をガンに犯されているのだ。お前らは酒を飲んで、気を紛らわせているだけの人生を送っているだけだ。お前らはただただ快楽を求めてドラッグをやってるだけの弱い人間なのだ。今すぐ、そういうことをきっぱり辞めて、ストレートエッジの世界に踏み込むのだ。そうすれば、俺のように強い男になれる。そして、お前らが俺のように強くならない限り、この国は滅びて行くだけなのだ!」
言ってることは極めて正しい。しかし、ファンはいつも大ブーイングを浴びせる。プロレスラーの価値は、どれだけ観客の感情を揺さぶるかで評価できる。それが、プラスの方向であろうとも、マイナスの方向であろうとも。CMパンクは、観客の感情を激しくマイナスに揺さぶる。そういう意味で一流のプロレラーだ。
得意技は、Go To Sleepという技で、相手を担ぎ上げて、上から相手を落とし込んで、重力の力で自分の膝蹴りを相手の顔面に喰らわせるえげつない決め技だ。

Jeff Hardy
一方のジェフ・ハーディ。素行不良のちょっと中年に近いレスラーだが、圧倒的な人気を誇る。現在、チャンピオンだ。捨て身のハイリスク、ハイリターンの技が持ち味で、要するに高い所から相手に体ごと飛び込んで行く。WWEではTLC(Table Ladder Chair、つまり机と折りたたみ式階段とパイプ椅子を使って相手を攻撃してもいい特別ルールでの試合)があって、その試合で名を上げた選手。
とにかく、風情があって、仕草ひとつひとつが寡黙なんだけどカッコいい。基本的に、めちゃ男前。これは言葉にできない風格的なもので、見れば分かる。体中が入れ墨だらけでバイクやドラッグやロックが似合う。実際、ロックバンドをやっているらしい。
ファンは当然、ジェフを応援する。
でも、言ってることはCMパンクが正しい。
何回も何回も戦い、ボロボロになりながら、そして、最後にはCMパンクがジェフから王座を奪う。
そして、王座を奪うや否や、次の試合でお互いのWWEからの引退を掛けて戦うことをジェフに要求する。普通の王者は王座を取得したら、こんなリスキーなことはやらない。えも、CMパンクは違った。お互いのライフスタイルを掛けて、戦うことを提案した。
CMパンク曰く「もし俺が負ければ、俺は間違っていたことを認める。そして、お前らも俺のことをこのWWEのマットで見ることはなくなるだろう(観客から大拍手)。でも、もし俺が勝てば、ストレートエッジの生き方が素晴らしいと認めろ。そして、ジェフはWWEから去り、そして、お前らは今すぐアルコールをやめて、タバコをやめて、ドラッグもやめて、ストレートエッジな生き方にするんだ。」
全くフェアな話だ。

試合当日、以前からの試合からのダメージで、お互いに体がボロボロだった。それでも、CMパンクは「俺は前回の試合が終わってから今まで、この体中の痛みと戦っている。それも、一切のドラッグや鎮痛剤なしでだ。ここにいる観客の中で、この痛みと向き合える人間が何人いるというんだ?一人もいないはずだ。ジェフは、どうだ?前回の試合が終わってから、鎮痛剤を何回使った?今日だって、使っているんだろう?こんな弱い奴にストレートエッジが負ける訳がない!」と講釈を垂れる。
ジェフは、それに関しては敢えて何も言わない。でも観客はジェフのカリスマ的な魅力に取り憑かれている。
そして、結局、ジェフは試合にあっけなく負け、WWEを去った。そして、CMパンクは王座を維持した。

こんなに切ない生きざまを描いたドラマがプロレスにはある。

どう、こんなプロレスの話はいらんか?
| 格闘技 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矢沢永吉ニューアルバム「Twist」

アルバムはロックの日、2010年6月9日に発売されてたんだけど、最近、やっと入手できてじっくり聞く事ができたので、遅ればせながらレビューを。

昨年、4年ぶりのニューアルバム「Rock'n' Roll」を出して、間髪入れずに今回の「Twist」を発売。テーマは、「大人っぽくしなくない、かっこよくしたくない」って感じらしい。それは、ここ数年の永ちゃんのテーマで、今回のアルバムは一言で言うと、「Pop」なアルバム。全体的に、似たような曲調で、似たようなアレンジの曲が多かった。右側からアコースティックじゃかじゃか系の音、左側から程良いオーバードライブのリードギター、ベースは抑え気味、ドラムも抑え気味で、常にハイハットを開いてる感じ。分かりやすく言うと、全曲、フォークギター一本で演奏しても、成り立つような曲とアレンジでした。意図は十分に分かりました。
当たり前ですが、僕は永ちゃんのコアファンで、やっぱり永ちゃん独特のメロディーラインのバラードであったり、大人っぽい玄人受けするアレンジの曲が好きなので、今回のアルバムで衝撃は受けませんでした。そして、驚きはそのアルバムの短さ。11曲入りで35分!いまどきのアルバムでは、異例の短さでしょ?1曲2分後半から3分前半の曲ばかり。これも、シンプルさを追求した結果なのでしょう。

でも、そんなニューアルバムから何曲かピックアップし、感想を。

01. サイコーなRock You!
シングルカット曲。永ちゃん得意のキーB(正確にはBm)で始まるRockテイスト曲。Aメロとサビのみ、という超シンプル楽曲。「♩オマエだけに 遭いに来た」ってとこのラインが永ちゃん節ですね。見事。あと、ボーカルがパワフルでいい感じ。

04. 闇を抜けて
なかなかノリが良い曲。何となく、「風の中のおまえ」(アルバム「LOTTA GOOD TIME」に収録)を彷彿とさせます。
もっと装飾を大げさにしてアレンジを凝ることも出来たであろう、この曲ですが、敢えてシンプルな構成になっています。ですが、このアルバムの中で唯一ラッパが入っています。

05. 古いカレンダー
メロディーもアレンジも歌詞も、まさに昭和歌謡曲!これもAメロとサビのシンプル構成。ただし、最後にBメロが出てくるだけど、そこも実はAメロと同じコード進行って所がおもしろい。永ちゃんがよく使うテクニックですがシブい。

07. ずっとあの時のまま・・・
これは、「マブ」と併せて、注目の曲です。というのも、この曲の歌詞は永ちゃんと子鹿涼の共作となってるからです。永ちゃんファン以外は知らない人が多いと思うけど、永ちゃんはほとんど歌詞を書きません。永ちゃんは、メロディを書くのはいくらでも湧いて出てくるけど、歌詞を書くのが昔から苦手で、「餅は餅屋だから」と言って、必ずプロの作詞家に頼んできました。キャロルの頃は、ジョニー大倉が歌詞担当だったし。そして、今まで永ちゃんが歌詞を書いた曲もあるにはあるけど数曲だけで、それもかなり昔の話。という訳で、一番、この曲に興味があった訳。
で、どんな歌詞かと言うと、「昔と変わらず、あの時の気持ちのまま、俺は変わらず走り続けてるよ!」って曲。こういう曲は、永ちゃんファンには、たまらん訳です。「永ちゃん、俺もがんばって走ってるよ!」って思ったファンは多いはず。
ちなみに、似たような内容の歌で、「ひとりぼっちのハイウェイ」という曲が前回のアルバムRock'n'Rollに収録されています。

09. 見つめ合うだけで
これは、サビの「♩I need you〜」という所と、Aメロが同じコード進行という所がおもしろい曲。このやり方は、古くは「逃亡者」から続く一種の永ちゃんのお約束パターンです。一カ所だけBメロがあるけど、基本的には同じコード進行で延々と進む。でも、サビとAメロが同じコード進行とは普通の人は気づかないんじゃないかな?コード進行は一緒だけど、メロディラインがサビとAメロで随分違うのが面白い曲。

10. HEY YOU…
これは、正統な永ちゃんバラードですね。ライブで聞くと、ヤバそう。僕は、この曲がこのアルバムの中で一番好き。
こういう曲をもっと入れて欲しかったなあ。

11. 「マブ」
アルバム最後の曲で、歌詞は「ずっとあの時のまま・・・」と同じく永ちゃんと子鹿涼の共作。歌詞の内容は、二十歳の頃のマブダチに久しぶりに電話をして、少し話しただけで二十歳の頃に戻れて、やっぱりお前と俺はマブダチだね、っていう内容。曲調も、そこそこアップテンポで、アルバム最後の曲はバラードで、という長年のパターンを期待していた僕としては、ちょっと拍子抜け。
そして、こういう歌詞の内容で、タイトルが「マブ」、しかもカギカッコあり、ってのは、正直、あまりいいセンスとは思わないです。曲調も、どこか昭和歌謡フォーク系の印象を受けてしまうのは、僕だけでしょうか。でも、こういうのを含めて矢沢永吉なんです。何でもありなんです。


ちなみに、前回のアルバム「Rock'n' Roll」は衝撃的でしたよ。GLAYのTAKUROが2009年に発売されたアルバムの中でナンバー1は、永ちゃんの「Rock'n'Roll」だった、って言う位だから、間違いないでしょう!

「コバルトの空」はRock調で名曲だと思うし、「Sweet Rock'n'Roll」は70年代のメロディラインとサウンドを彷彿とさせる名曲だったし、「Loser」のアレンジは秀逸だったし、「未来をかさねて」はこれぞ最近の永ちゃんという曲だったし、「小悪魔ハニービー」もRock調バリバリの矢沢印で最高だったし。
それと比べると、ちょっと物足りない感じがした、というのが正直な感想。

でも、何年か経つと、自分の中で熟成してきて、曲の良さを後年になって再発見できるのが永ちゃんの曲のすごい所。なので、数年後、「Twist」への評価が自分の中で大きく変わることはよくあることなので、それを期待して。
| 矢沢永吉 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナパ旅行
夏休みに親戚が我が家に遊びに来ていたので、またまたサンフランシスコ充実観光プランを練って、ガイドしてあげた。今回の行程表はこんな感じ。
1日目: 近場を観光(Hillsdaleショッピングモール、Costcoなど)
2日目: サンフランシスコ観光(ケーブルカー、ゴールデンゲートブリッジ、ロンバートストリート、フィッシャーマンズワーフ、ディナーは蟹)、GreatMallで買い物
3日目: ナパワイナリー(ナパ宿泊)
4日目: ナパでゴルフ
5日目: モントレー、カーメル観光、Gilroyアウトレット
6日目: 帰国

結果、ナパとカーメルが最も楽しかったみたい。

中でもナパについて書こう。

ワイナリーはRutherhillっていう洞窟のツアーがあるワイナリーをチョイス。

ちなみに夏のナパは灼熱!


洞窟の中はひんやりして、オアシスだった。


このワイナリーはほとんどメルローを作ってるそうで、好みの味。夜のホテルでの部屋飲み用に購入。

続いて、ナパに来たからにはチラ見はしておきたいOpus OneとMondaviへ。いずれもテイスティングもせず、施設の見学のみ。

城のようなファサードが印象的なOpus One。


テイスティングは一杯$30!


こちらはMondavi。Opus Oneのすぐ向かいにあります。

Mondaviのお土産ショップはなかなかの充実ぶり。


ディナーは、ナパにくる度、お邪魔しているBistro Jeanty。相変わらず感動させてくれる。トマトクリームスープは皆に大好評だった。そして、クオリティの割りに御値段も良心的。

ホテルはお気に入りのThe Meritage and Resort Spa。ここも皆、大絶賛だった。

翌日はシャルドネゴルフ場というパブリックのゴルフコースへ。プレー代はカート付きで$60、ちなみにレンタルクラブは$50。

実は、僕にとってアメリカでの初コース。葡萄畑の中のコース、ウサギが耳をおったてて疾走し、カモの群れなど、牧歌的なコースな半面、ナパの強烈な太陽にばてまくり。
結果、9ホールでリタイヤすることにww

やっぱ、ナパ、最高です!
| アメリカ | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |